スマホ 比較

これまでdocomo、au、softbankの比較でしたが、これからはDMMやU-mobileといったドコモから回線を借りて販売している格安SIMに注目です。これまでキャッシュバックで乗り換える人ほど得をしたおかしな状態でしたが、本当は通信料ってこんなに安いんです!!

例えばコレ
DMMの7GB/月 音声通信付の場合 2,580円/月 です。
実はこの金額を見ても高いか安いかわからないですよね。
それは今の契約が端末の割賦代が入っていたりするから。

例でdocomoで試算してみました。
近い契約がデータMパック 5GB/月 が5,000円/月 です。
端末とセットとかの割引でごまかされていますが、こんなに高いんですよ。

しかも、格安SIMはドコモの回線を使っているのでほとんどのスマホ端末がそのまま使えます。SIMカードを入れ替えるだけで、グッとお得に。

2年縛りの契約が近づいている人は今すぐ格安SIMをチェックしてくださいね。
無理に新機種を購入するなんて もったいない。iPhoneだってSIMフリー端末を購入して格安SIMを入れた方が安上がりですよ。

ドコモからDMMに変えるとザッとこんな感じです。

通話料  カケホーダイ  2,700円=DMM音声通話増額分 700円+通話料50分(20円/30秒)
通信料  データMパック 5,000円→5GB/月 1,270円
解約無料 2年に一度のタイミング →1年過ぎたらいつでも無料

どうです。機種の変更だっていつでも出来るから自分が欲しい端末の発売時期に合わせられますし、SIMフリー端末なら、そのまま海外に持っていけますよ。

 

格安SIMには他にU-mobileやNifmoやイオンなどがありますが、料金設定・解約条件・繰越サービスなど考えるとDMMの一択です。唯一他社を選ぶ理由があるとすると、長時間通話。月50分を超える通話をする人はDMM以外の選択肢があるでしょう。

ウソです。

そのような方は音声通話よりもデータ通信を使った通話を導入した方がいいですよ!!携帯電話やスマホで一番割高なのは音声通話だと私は思っています。だからヤッパリ、今ならDMMの一択ですね。



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *